ニュース

2010年03月の記事

<< 前のページ

I・Oミニツアートーナメント第1戦結果

I・Oミニツアートーナメント第1戦結果

3月24日(水)岩手県オープンゴルフトーナメントの
プロ予選となる「I・Oミニツアートーナメント第1戦」が
終了いたしました。

早いもので昨年の熱戦から1年が経ちました。
石川遼プロの賞金王、タイガーウッズの不倫問題
冬季オリンピックの大舞台、リンク場の上で靴ひもを切ってしまいテレビで大泣きする子。なんであの子はいつも泣くの?
なんとも話題には事欠きません。

午前中はなんとかもった天気が、午後は小雨が降ってきました。
この時期の雨は寒いね。
ゴルフは本当に過酷なスポーツ。

その過酷な戦いを制したのは東北福祉大卒、静ヒルズトミーカップで優勝経験のある「内藤寛太郎」が3アンダーで優勝。
2位にはあの中島常幸プロの息子「中島雅生プロ」と「太田祐一プロ」が
2アンダーで2位タイとなりました。

内藤プロにとって優勝は通過点。
まだまだ上があるから勝っても涙なし。精神が強いから当然か。

次回は4月21日(水)です。戦いは続きます

I・Oミニツアートーナメント第1戦結果
I・Oミニツアートーナメント第1戦結果

熱戦の様子と大会成績は岩手県オープンゴルフHPへ

2010年3月25日(木) 11:46

 

大活躍! 甲田良美プロ 17位フィニッシュ

大活躍! 甲田良美プロ 17位フィニッシュ

先週開催された「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップ」にて17位でフィニッシュ。

金谷プロは学生の頃、オフには必ず栃木県の塩原温泉で身体の治療で訪れていました。
良美のお父さんとはその頃からの知り合い。

当時の良美はソフトボールで全国レベル。しかしソフトボールでは「飯が食えない、将来が見えている」ということから、娘にゴルフをやらせたいのでお願いします。と懇願されたのが10年前。その時はじめて会ったのが18歳で、全身ジャージ姿で現れた「良美」でした。

正直ゴルフを始めるのには遅い年齢。ジュニア出身の選手に比べると、ゴルフ歴にハンデがあります。そのハンデを縮めるため取り組んだのが最高の環境作り。
環境では誰にも負けなかったのではないでしょうか。

通常高校からプロを目指す人達は、ゴルフ場に研修生として働きながら空いた時間で練習します。しかしこれはゴルフ場の体のいい「使いっぱしり」。8万円程度の給料で朝7時から午後5時まで働かせるゴルフ場はザラ。夕方から練習したってゴルフ場は日没。上手くなるわけがない。

その道はではプロになれないとお父さんに伝え、僕と同じ練習環境に身をおかせました。
僕も研修生という道ではなく、大学卒業後すぐにプロになると決めていたので、フリーという立場で、束縛されず練習に没頭できる練習環境を自分でオリジナルに作りました。

それは朝ゴルフ練習場で練習。午後はゴルフコースでラウンド。夕方はそのコースの練習グリーンでパター練習。夜はゴルフ練習場で反省練習。すごいお金がかかると思うでしょうが、すべて無料。なぜ無料かは話すと長いので後日。
僕の住んでいた千葉県で、そのスタイルで練習していたのは僕だけでした。

その環境に良美をおきましたが、あいつは凄かった。午前中の練習だけで1000球も打ってしまう。さすがに身体を壊すから練習を規制したぐらいです。
それでも500球は打っていました。

そして数年はアマチュアの競技に出場させ、類まれな練習環境と、ソフトボールで鍛えた身体でメキメキ上達。ゴルフをはじめた2年目のアマチュア競技、最初のハーフ42でまわってきたかと思えば、次のハーフは何と7バーディーの「29」。
71で優勝するなど、爆発力があるのはバカなのかわからない時がある。

そんな良美が2009年8月にプロテスト合格。9月には下部ツアーのステップアップツアーで優勝。シードを持たない選手が2010年のツアー出場をかけた大会のQTツアーで上位入賞し、今年のシード権を獲得。その直後の今回の17位。

女子は飛距離のでる選手が圧倒的に有利。最初からドライバーの飛距離にこだわりティグランドも僕と同じバックティーからやらせていました。
この結果は厳しい練習を苦とせず取り組んできた結果であり、これからトップになる可能性は大。

2007年には「岩手県オープンゴルフトーナメント女子の部」でも優勝しています。
あっけらかんとした良美プロを、是非注目し、応援してください。

大活躍! 甲田良美プロ 17位フィニッシュ

2010年3月17日(水) 10:53

 

さあ暖かくなりゴルフシーズンの到来です。

さあ暖かくなりゴルフシーズンの到来です。

さあ暖かくなりゴルフシーズンの到来です。
バーグルゴルフガーデン盛岡西の雪もとけてきました。
コースの前に練習場で身体ならしをしましょう。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。
写真のようなダウンスイングができればボールは曲がりません。

2010年3月8日(月) 10:28

 

<< 前のページ

ニュース